民事再生の特徴

債務整理民事再生は債務整理の方法の一つです。債務整理でもっともよく知られたものに自己破産が挙げられますが、自己破産だと住宅や車といった財産を処分して残債の返済に充てることがほとんどです。思い出の詰まった自宅を手放さなくてはならなくなりますし、手元に財産や資産を残すことができません。しかし、民事再生はここが大きく異なります。民事再生だと住居や車といった高額な財産を手元に残したまま借金の総額を大きく減額できる方法なのです。借金がチャラになるわけではありませんが、大幅な減額ができる上に高額資産を残すことが可能です。

減額したあとの借金は3年以内に返済することになりますが、それ以外にあった借金については返済義務がなくなります。これが民事再生と呼ばれる債務整理の方法です。財産を処分しなくていいというのは大きなメリットですし、自宅などを残したまま債務整理したいという方にはピッタリの方法でしょう。ただ、借金がすべてなくなる方法ではありませんから手続きをしたあともしばらくはしんどい状態が続くかもしれません。メリットもたくさんありますがデメリットもある債務整理方法ですから、そのあたりをしっかり理解したうえで利用する必要があります。

 

民事再生のやり方

具体的に民事再生はどのようにしてやるのか、ということですが、民事再生では必要な書類を集めて申立てをする必要があります。申請書や戸籍謄本、ローン契約書などたくさんの書類を集めなくてはいけませんから、前もって準備を進めておくことも大切です。また、個人再生を行うためには個人再生委員を選任する必要がありますし、再生計画案を裁判所に提出して精査してもらいます。再生許可の認可が下りると再生計画案をもとに返済を始める、という流れになります。

弁護士だいたいこのような流れになりますが、これらを素人の方が行うのはまずムリと考えて良いでしょう。裁判所への手続きは面倒ですし、必要書類の作成なども素人が簡単にできるようなことではありません。そこでおススメしたいのは弁護士への相談です。弁護士は債務整理も行っていますし、もちろん民事再生にも対応しています。

弁護士に相談したうえで民事再生を依頼すればスムーズに事が進むでしょう。また、相談することによって民事再生以外のもっと良い債務整理の方法が見つかる可能性もあります。もっとイイ方法を提案してもらえる可能性もありますから、まずは弁護士に相談することが先決と言えるでしょう。無料相談できる弁護士も多いです。